CHANELココマークの端にある刻印の意味とは?

ブランド偽物情報

ブログをご覧頂きありがとうございます♪
Vintage Shop Rococo スタッフのRIRIです😊

CHANEL(シャネル)のココマーク金具を見ると、
端の方に四角い刻印のようなものを見かけたことはありませんか?

全て本物のCHANELです↓

ココマークの左上や右上、そして左下と右下・・と
端の方を見ると画像のような刻印があります。

四角い凹みのような・・溝のようなものが打刻してありますね。

肉眼では難しいかと思いますが、ルーペで拡大すると↓

複雑な模様のマークがしっかりと入っています!!
※この他にも様々な種類のマークがあります。

この刻印は何なのかと言うと・・

「ホールマーク」

です!!(^ ^)

ホールマークとは?
貴金属製品の品位を証明する刻印。各国の造幣局や国の機関、指定を受けた業者がプラチナ、金、銀等の貴金属で作られた製品を厳しい検査を行い、認められた製品にだけに刻印される、品位を証明するマークになります。

CHANELのココマークは金メッキ加工ですから、
ゴールド金具の純度を示すもの、しっかりとメッキ加工していますよ〜
という保証
になっています。

※その為、シルバー金具にホールマークが打刻されることは、ほぼありません。

CHANELだけでなく、
HERMESのバーキンやケリーのクロア部分にも・・

↑金具に刻まれたHERMES-PARISのすぐ後ろに
四角形の刻印(ホールマーク)が確認出来ますね!!

HERMESでは、1988年(○R刻印)から付けられるようになりました。

HERMES ケリー32 内縫 ボックスカーフ ショルダーストラップ付き(黒)

↑こちらのケリーは88年製造(○R刻印)なので、
丁度ホールマークが付けられるようになった頃のお品物ですね。

なので1979年製造(○I刻印)のケリーには・・

HERMES ケリー28 内縫い ボックスカーフ(黒)

ホールマークは付いておりません(^ ^)

HERMESも同じく、シルバー金具にはホールマークは入っておりません。

ただ、ホールマークがあるからと言って、本物・偽物か見極めることは難しいのです。

基準外品(偽物)にもホールマークが打刻されているものもありますし・・(泣)

そして、正規品でも

↑このように、ホールマークの無い、表面がツルツルのココマークもあります。

最近のCHANEL製品には、ホールマークは無いようです。

昔の製品(ヴィンテージ)には、ホールマークがあるものを良く見かけますよ♪

ちなみに・・

↑このように、丸○の中にRが入ったRマークを見かけたら
99%偽物の可能性が高いです・・。

お気をつけくださいませ。

また、ホールマークが打刻されているのはバッグのみです。
お財布やアクセサリーのココマークにホールマークが付いていたら偽物を疑いましょう。

Vintage Shop Rococo で扱っている商品はすべて、
専属の鑑定士のもと鑑定をしている本物・正規品でございます。
安心してお買い求めくださいませ。

Rococoは全品どれでも送料無料!!

御来店頂ける方は是非!御予約の上、手に取って確認くださいませラブラブ

ご来店予約は

Rococoオンラインショップ▼

VintageShop-Rococo

公式Instagram▼

公式Youtubeチャンネル▼

タイトルとURLをコピーしました