オールドグッチの偽物発見!フリマアプリのブランド品にご注意ください

ブランド偽物情報

偽物は絶対に買わない、売らない。フリマアプリ【メル○リ】でオールドグッチの偽物を発見したので報告致します。どんどん情報を共有していきますので、偽物は絶対に買わないようにしましょう!
Vintage Shop Rococoは常に最新の偽物データベースと比較することで、そもそもの偽物の流入を防いでいます。どうぞみなさま、安心してお買い物をお楽しみください。

オールドグッチの偽物発見!

今回発見した偽物は、オールドグッチの長財布です。
人気のGGモノグラムにシェリーラインのデザイン。
残念なことに、人気デザインこそ偽物も多く出回ります。

せっかくなので、注意喚起のために画像付きで紹介します!

このタイプの偽物、よく出回っていますので要注意です!!
でも、ほとんどの人が写真を見ただけでは偽物と気づかないのではないかと。

ここがヴィンテージの怖いところで、最近のスーパーコピー品のように当時の偽物はそこまで本物そっくりな訳ではありません。
ですが、比較対象や情報が出回っていないからこそ、粗悪な偽物でも分からないのです。

ヴィンテージって、相場もマチマチですからね…。
ちなみに、このお品は8,000円程で売却されていました。
つい買ってしまうようなお値段です。

細かいところまで見ていきましょう!

一見、怪しそうな点はありませんが・・
留め具がマグネット式ですよね。

オールドグッチのお財布を今までに何千点と扱ってきましたが、実はマグネット式のお財布って無いんですよ。
一般的には、ホックボタンやクリップタイプの留め具が用いられています。

マグネット式のお財布は注意しましょう。

ここら辺は、コアな意見になってしまいますが・・
革の部分に違和感があります。

プツプツと空いた不自然な穴。
これは、オールドグッチでよく用いられていたピグスキン(イタリアの高級猪革)の独特の毛穴痕を再現しようとしているのかと思いますが、

本物は↓

これは本当によく見慣れた方でないと分からないと思います。
本物のピグスキンをよく見て、たくさん触れる!
これが偽物を掴まないコツです。

今回、決定打となったのが、がま口の中の柄模様。
このタイプの偽物は、大体この柄の生地を使っているので注意しましょう。

本物は↓

中もしっかりしています。GUCCIでは、無地かGG柄などの生地は使いますが、偽物のような柄を内部に使うことはまずありません。

この偽物、結構よく出来ていますよね(笑)
刻印まで丁寧に入ってます。

確かに筆記体gucciの刻印はありますが、本物は↓

よく見比べないと分からないレベルですが、偽物の刻印はバランスがおかしいですよね。
毎日オールドグッチを見ている私たちは、これだけでも違和感があるのですが、中々気づけないかと思います。


Rococoでは、鑑定サービスも承っていますが、お申し込み頂くお客様の9割がフリマアプリで購入されたお客様です(泣)

正直、画像だけで見分けるのは難しいですよね。
実はプロでも見分けるのが難しいヴィンテージの世界。

今後も偽物のブランド品を見つけたらドンドンUPしていきます!
偽物のない社会を作りましょう♪
本物のオールドグッチを手に入れたい方は、Vintage Shop Rococoでお買い求めくださいませ(^ ^)

タイトルとURLをコピーしました