【Dior】トロッター柄ボストンバッグが可愛い!復刻版オブリークとの違いと気になるお手入れ方法も♪

アイテム紹介

ブログをご覧頂きありがとうございます♪
スタッフのRIRIです😊

今回は個人的にも大好きな、Dior トロッター柄ボストンバッグのご紹介です!
現在のDiorでもオブリークとして復刻された大人気のシリーズ。
ヴィンテージ市場でも賑わいを見せています♪

******************

OLD Dior トロッター柄 定番ボストン(青/中/平行ライン) ¥45,800+tax
(Navy)

70年代に登場した、Diorのロゴが並んでいる代表的な人気ライン トロッターモノグラム。

ムッシュ・ディオールがこよなく愛したとされる、こちらのネイビーブルーが人気No.1!

凄い存在感なんですが、どことなく落ち着きがあって大人の品格を感じられるのは、職人技が光っているからだと思うんです(^ ^)/

素材はジャガード キャンバス。
プリントではなく、重ね刺繍が施された伝統的で手の込んだ高級素材です。
なんと、37時間以上の作業と150万以上のステッチを要し、イタリアのアトリエで刺繍が施されているそうです・・!(◎_◎;)

模様が立体的に見えるように織られていて、厚みがあり手触りも凄くいいんです♫
また、染料加工をしていない為、色落ちがしにくく長持ちしやすいというメリットも。


ちなみに、Dior Oblique (ディオール オブリーク)は、素材、技法、デザインにおいて以前のトロッターとの違いはありません。
70年代のものをトロッター、リバイバルされたものをオブリークと呼んでいるんですね^ ^

DIOR BOOK TOTE スモールバッグ

出典:Diorオンラインストア

OLD Dior トロッター柄 定番ボストン(青/中/平行ライン)

コロンとした可愛いフォルムのボストンバッグは、ヴィンテージ感があって凄く可愛いですよね!
数々のセレブやモデルさんが愛用していて、昔の雑誌でもこのボストンを持ったスナップがたくさん残っています♪

現代でも全く古臭さが無くて、タイムレスな魅力が詰まっています。

ヴィンテージのトロッターは、使い込むほどに色が変化していって味わいのある一点に仕上がっていますので、どんなお洋服にも合うのが魅力♪

私はネイビー×ピンクの組み合わせが好きなので、ピンクを入れたコーデに合わせてみました(^ ^)

トロッターがポイントになって凄く可愛いです!!

もちろん、デニムやシンプルコーデとも相性抜群♪
柄物に合わせるのも◎

なんでも入れられるのも嬉しいポイントです。

気になるお手入れ方法ですが、ジャガードは、生地の織り目に汚れが浸透しやすいため、日常のケアが大切です

汚れる前に予防しておくことで、綺麗に使い続けることが出来ますよ〜♪

日常のメンテナンスは2つだけ!

・ホースヘアブラシでブラッシング
生地にほこりが詰まりやすいため、織り目にそって入念にブラッシング♪
オススメは馬毛ブラシです。

・防水・撥水スプレーをかけておく
半月から1ケ月に一度は全体に軽く補うようにスプレーしてあげます。
最初に防水スプレーをしておくことで汚れがつきにくくなりますよ^^

#水に濡れてしまったら?
早めに乾いたタオルで優しく水を吸わせるように拭き取ります。
こすると色が落ちる可能性があるので、注意してくださいね。

薄汚れやちょっとしたシミも、自然に馴染むのもトロッターの魅力です^^ 
なので、あまり神経質にはならず、2つのケアをして大切にしてください♪

今回入荷したこちらのボストンバッグは、ありがちなシミやスレ傷もなく大変綺麗な状態です!

年々状態のいいトロッターが減少してきていますので、ぜひお早めにご検討くださいませ(^ ^)

OLD Dior トロッター柄 定番ボストン(青/中/平行ライン) ¥45,800+tax
(Navy)

タイトルとURLをコピーしました