“嫌味のない高級感”ハイブランドをお洒落に取り入れるコーデ術

COLUMN

ハイブランドアイテムをコーディネートに加えると、気分が上がるのはもちろん 大人っぽく見えたり高級感が増しますよね♪でも、身につけすぎると”嫌味っぽく”なってしまうことも。そんな時はハイブランドのヴィンテージアイテムで”嫌味のない高級感”を出すコーディネートをしてみませんか?

ハイブランドは”VINTAGE”で取り入れる

Vintage Shop Rococo高円寺店

オールドグッチ、ヴィンテージシャネル、オールドセリーヌなど1980年代頃までに製造された希少性の高いハイブランドのヴィンテージアイテム。
どんなコーデにもハマっておしゃれ度を引き上げてくれる、レトロな風合いが魅力的♪

ハイブランドの”嫌味っぽさ”の1つとなっているのが、高価な価格。
新品はお値段が簡単に分かってしまいますが、ヴィンテージはどれもが一点物なのでお値段は分かりにくいものです。
それなのに高級感は損なわない。
そして何より、ヴィンテージの“愛用感”が嫌味のないコーデにしてくれるんです♪

さりげない高級感を出したい、人と被らないお洒落をしたい方は、”ハイブランドのヴィンテージアイテム”を取り入れてみましょう。

つけすぎには要注意!

本当は自慢したいけど、これみよがしに取り入れるのは何だか抵抗がありますよね…。

新品・ヴィンテージ問わず、ハイブランド品を一度にたくさん身につけすぎると嫌味っぽくなってしまったり、それぞれの良さを消してる!!なんてことも。

さりげなく毎日のコーディネートに取り入れるには、バランスが大事!
そこでオススメしたいのが、“一点豪華主義”
特にロゴが主張するものや、すぐにハイブランドと分かるものは、1つだけでもしっかり存在感を放ってくれますよ♪

ハイブランドをお洒落に取り入れるコーデ術

モノグラムのバッグなら一点で充分

コーディネート全体のバランスを取っているといっても過言ではないバッグ。
画像はOLD GUCCIのボストンバッグです。GGパターンは永久不滅の定番アイコンなので、やっぱりコーデの中で一番に目立ってほしいですよね♪
これだけで存在感があるので、シンプルなコーデでも、このコーデのように花柄とも相性抜群。
豪華な雰囲気を演出してくれるので、他にハイブランドを入れるのは抑えてみてください。

ついつい揃えたくなる可愛い小物は、自由に楽しんでOK!

コーディネートの邪魔をしないバッグの中は、自由に好きなものを楽しめる場所。こちらの画像のように、バッグとお財布、キーケースなどを同じブランドで統一するのって可愛いですよね。
でも、バッグはGUCCIだけど小物はCHANEL のように、ブランドがバラバラだって全然いいんです♪
違うブランド同士なら、色味や素材感を意識して揃えると統一感が出ます◎


ネットショップで詳細をみる▼

ロゴが控えめなバッグには、アクセサリーでプラス

総革製や、ロゴがちょこんと入っているバッグは嫌味のないお洒落を演出してくれます♪
これだけでも素敵ですが、存在感をキープするためにアクセサリーでプラスするのが◎
画像はOLD GUCCIの巾着バッグと、同じくOLD GUCCIのチェンジベゼルウォッチ。手元や首元にさりげなく取り入れると素敵です。
他のハイブランドと組み合わせる事ができるのも、ロゴが控えめなアイテムならでは。

簡単にコーデを格上げしてくれるベルト

デニムに合わせたいのが、ハイブランドのベルト。
画像のベルトはLOEWE(ロエベ)。バックルにロゴが入っているので、シンプルなカジュアルコーデやプチプラのお洋服でも、簡単に高級感を出すことができます。
ベルトは体の中心にくるので意外と目立つのですが、それなのに嫌味がないって素敵。

一点豪華主義でハイブランドを味方に

バッグやアクセサリーは全体のコーデを仕上げてくれる大事なポイント。
そこをハイブランドにすることで、より素敵なアクセントになります♪

Vintage Shop Rococoでは、一点で主役になれるようなハイブランドのヴィンテージアイテムを多数取り揃えています。
貴方のファッションをさらに輝かせる一点物をぜひ見つけてみてください♡

タイトルとURLをコピーしました