ヴィンテージバッグは壊れやすい?修理はできる?

COLUMN

今や世界中で大人気のヴィンテージバッグ。クラシカルなデザインで、味わい深くお洒落な物が多いですよね。しかし40年以上も経過していることもあって、「普段使いできるのか」「故障しやすいのか」こういった不安を持っているお客様も多くいらっしゃいます。今回は、そのあたりの疑問点についてご説明したいと思います♪

ヴィンテージバッグは壊れやすいの?

Vintage Shop Rococoで扱うヴィンテージバッグは、ハイブランドのGUCCIやCHANEL、CELINEなどの1980年代頃までに製造されたバッグです。現行品は一切お取り扱いがございません。

お客様からは、
「ヴィンテージバッグって壊れやすいですか?」 
「どのくらい長く使えますか?」
とよく聞かれます。

40年以上も経過しているんですもの。
まだまだ愛用したいし、バッグとしてちゃんと機能してくれるのか気になりますよね(^o^)

私の答えは、
「ヴィンテージバッグ」は壊れやすくない‼

なぜなら、ハイブランドは技術開発に余念がなく、古くから技術を確立していたので 精度、耐久性、構造上の問題のほとんどを当時からクリアできています。 
言い換えれば2020年になっているにも関わらず、 今から40年以上昔のバッグを使うことが出来る。 それが「ヴィンテージバッグが壊れにくい」ことを証明しています。
なので、ヴィンテージだからといって、極端に壊れやすい訳ではないのです。

もちろん、雑に扱ったりするのはNGですよ!(新品も同じですが)
デリケートな製品ですので、丁寧に扱ってあげてください。

あまり神経質にはならずに‥バッグが引きちぎれるくらいの重い荷物を入れないようにしたり、革の部分は乾燥が気になったらクリームでケアしてあげたり、ちょっとした思いやりで充分です(^ ^)

普段使いもOK♪ バッグですから、どんどん使いましょう!!
中にはお婆様からお孫さんの代まで、長く愛用されているお客様もいらっしゃいますよ♪
大切にすれば、次の代まで受け継ぐことが出来るのもヴィンテージバッグの魅力です。

買ってはいけないヴィンテージバッグもある

ヴィンテージバッグは壊れにくい!とお伝えしましたが、ちょっと待ってください。
入手形態やご購入されるお店や場所によっては、壊れやすいヴィンテージバッグや、ご購入後に問題があることが多々あります。

ヴィンテージとは、ただ古いものという意味だけでなく「今でも十分に通用する価値が高い年代物」という意味があります。
なんでもヴィンテージになれるわけではなく、ブランド力のある商品や、美的感性を刺激する芸術性、良好な保存状態であることなど、様々な要素によってヴィンテージかどうかの判断が変わってきます。
希少性、コレクション性、需要などが合致して、初めてヴィンテージと呼ばれるんです。

Rococoではお客様に、ぜひVINTAGE好きになって頂きたいので、状態の悪い商品は仕入れずに、所有することに意義を感じていただける・楽しんでいただけるヴィンテージバッグを厳選しています。
私がヴィンテージバッグは壊れにくい!と言ったのは、Rococoの商品に自信を持っているからです♪

実用としてお勧めできる、初心者の方でもご安心頂ける、美術品のような美しさを備えたものなど、多種多数のヴィンテージ商品がございます。
すべての商品をご覧いただくには、Rococoのネットショップをご覧ください^^

修理はどこで出来る?

新品にも言えることですが、モノですので、いつかは壊れてしまう時がくるかもしれません。
ただ、万一の時も正規店でのお修理を受けることが出来ます。

ハイブランドの素晴らしいところは、正規店以外で購入した商品でも、中古品、ヴィンテージ品、どこで購入したかに関係なく、本物であれば修理を受けてくれます。
(ギャランティカードや購入証明書などは必要ありません。必要なのは本物の商品だけです!)

しっかりとしたサポート、例え何十年経ってもお修理を受けてもらえるので、ハイブランドって実はお高くはないのかもしれませんね。

ブランド価値の維持のためにも、今後のサポートのことも考えると、正規店に修理を依頼することが一番良いと思います。
しかし、たとえ本物でも断られてしまったり、望む修理が行えなかったりすることもあります。
そんな時は、Rococoでアフターサービスをご用意しておりますので、お気軽にご相談くださいませ☆

せっかくヴィンテージバッグを手に入れられるのですから、できるだけリスクを避けてスタートしていただくのが、「興味」を「趣味」に変えていただく、長く使い続けて頂くためのポイントです♪

長く使い続けられるヴィンテージバッグをお探しの方は、ぜひRococoのネットショップをご利用くださいませ。




タイトルとURLをコピーしました