OLD GUCCI(オールドグッチ)の年代を判別する方法

ブランド図鑑

復刻ラインも作られる程、世界的に人気が高まっているOLD GUCCI(オールドグッチ)。
GUCCIの歴史は今から約100年前の1921年。そんな歴史あるGUCCIはその時代ごとで違った顔を魅せ、そのどれもにファンがいます。
しかし、GUCCIには シャネルやエルメスのように年代を判別するシリアルナンバーや記号は付いていません。

  • ・グッチのヴィンテージバッグを買ったので、年代を知りたい
  • ・母からもらったグッチの製造年を知りたい
  • ・オールドグッチなのか見分ける方法が知りたい

このように、どのように調べたら良いのかわからない方が多いと思います。

今回は、オールドグッチ保有数世界No.1のVintage Shop Rococoが、オールドグッチの年代を判別する方法をご紹介します♪

オールドグッチとは、創設者(グッチオ・グッチ一族)が手がけた1980年代までのGUCCI製品のことを指します。

刻印タグから、製造年数がわかる

グッチのバッグやお財布には、内側にブランドロゴ、「MADE IN ITALY」、ものによっては型番が刻印されています。

オールドグッチの中には、ショルダーストラップに刻印があるものもありますので、探してみてください(^ ^)

実は、この刻印はヒートスタンプ(焼印)、レザータグ、彫り金具など様々な種類があります。
年代によってデザインが異なりますのでチェックしていきましょう。

1930年代頃

VALIGERIA G.GUCCI FIRENZE

旅行鞄に付けられていた真鍮製の刻印タグ。

VALIGERIAはイタリア語で「旅行鞄」
グッチオグッチのネームは大文字です。
1950年初めはITALYではなく、グッチ本店の地FIRENZEフィレンツェ(またはイタリア表記でFLORENCE)と記載されていました。
豪華な金属プレートや、彫り金具の刻印です。
かなり希少なものですので、Rococoでも資料でしか見たことがありません…。

G. Gucci Florence Via della Vigna Nuova 7 Via Parione 11

バッグの中に縫い付けられた、白い布製の刻印ラベル。

フィレンツェにあるGUCCI1店舗目の住所が刺繍されています。
この裏には、青い刺繍の筆記体で「G. Gucci Traveling Goods Florence」の文字があります。
フィレンツェを訪れる観光客や、外国人のために作られたアイテムとして販売されていました。

1950年代頃

筆記体gucci(MADE IN ITALY無し)

バッグの内側に直接焼き付けられた、ヒートスタンプ(焼印)タイプの刻印。

大文字のネームから、グッチオグッチのサインをそのまま刻印にした筆記体のgucciに。
まだ海外進出していない頃なので、MADE IN ITALY表記はありません。
こちらも50年代のみの希少な刻印です。

筆記体gucci+MADE IN ITALY+BREV

1953年にはアメリカに進出。
イタリア製品であることを強調する為、筆記体gucciの下にMADE IN ITALYが追加されるようになりました。
また、高級品であることの証として、MOD.BREV(BREVETTATO=イタリア語で特許の意味) も付けられています。
1953年に誕生し、1970年代までの高級品・限定品に使われていた貴重な刻印です。

クレスト(紋章)プレート

1955年に商標登録されたクレスト(紋章)
この紋章はグッチ家の物語を象徴したもので、甲冑を纏った誇り高き騎士が、グッチのアイコンであるスーツケースと旅行鞄を抱えた姿は、グッチと旅行や冒険との強い結びつきを表現しています。 そして、左上の舵は起業家精神を、右上の薔薇は美と洗練を意味しています。

1950年代頃はゴールド(またはシルバー)のクレストチャームが直接バッグに付けられていました。
四角いプレートタイプもあります!(画像右側)
また、ファスナートップのチャームとして使われるようになったのもこの頃です。
豪華なゴールドのプレートタイプは、古いもの・高級品(限定品)である証でもあります!
王女様が使用していたかもしれませんね♪

1970年代

MADE IN ITALY+筆記体gucci

1970年代になると、弧を描いたMADE IN ITALYに、BY筆記体gucci のヒートスタンプタイプに。
筆記体刻印であれば、古い年代物である証です♪

クレスト(ヒートスタンプ)

クレスト刻印は豪華なプレートから、1970年代にはヒートスタンプに変わっています。
ちなみに、下に067などの職人さんの番号が入っているものもあります!

GUCCI PAFUMS

大文字のGUCCIにPARFUMS(パフューム)のヒートスタンプ刻印
その下にはMADE IN ITALYと入っています。
これは1975年に香水用の「グッチ・パルファン」という事業会社を立ち上げ、そこで取り扱う商品に付けられていた刻印タグです。

1980年代

GUCCI Accessory Collection

オールドグッチの半数を占めるのが、こちらのAccessory Collection(アクセサリーコレクション)通称アクセコです。
PARFUMSが、80年代にはGUCCI Accessory Collectionのヒートスタンプに変わっています。
革タグのほかに保存状態が良いお品には、この可愛い紙タグが付いている事もあります!
神タグです!切ったりせず、大切にしてください。

GUCCIゴールドプレート

GUCCIの文字・MADE IN ITALY・クレストのマークが入ったゴールドのプレート。
GUCCI表記は筆記体と大文字のどちらもあります。
筆記体の方が古く1970年代後半頃、大文字は1980年代頃からの製品に付けられています。
※シルバーもあります

GUCCI MADE IN ITALY(ヒートスタンプ)

大文字のGUCCI・MADE IN ITALYのヒートスタンプ刻印。
1980年代はゴールドのヒートスタンプです。
ここから段々と現代の刻印に近づいていますね。

1990年代~現行

現行の刻印は革タグに「®️GUCCI made in italy」と型押しされています。
このタグは90年代頃からなので、オールドグッチ製品ではありません。

ということで、オールドグッチ製品の製造年を調べるための方法として内タグの見方と、歴史や豆知識について触れてきました。
ぜひ今回の記事を活用して、お持ちのバッグや財布などを確認してみてください♪

Vintage Shop Rococoでは、オールドグッチを常時300点以上取り揃えております♪

希少な60年代ものや、当店でしかお目にかかれないものまで幅広くご用意しておりますので、ぜひネットショップをチェックしてみてくださいね^^

ネットショップはこちら↓

VintageShop-Rococo

Vintage Shop Rococo 

タイトルとURLをコピーしました